新着情報


ファーマウェイ定例勉強会【平成27年12月】

今回の勉強会では、日本イーライリリー株式会社ご担当の方に、糖尿病およびインスリン療法ついてご講演頂きました。下記に詳細な内容について記載します。

 膵臓からのインスリン分泌には、1日中ほぼ一定量が分泌される基礎分泌と食事などの血糖値の上昇に応じて分泌される追加分泌がある。1型糖尿病患者においてはインスリンの分泌がほとんど消失しており、インスリン依存状態になる。

2型糖尿病患者においては、ある程度インスリンが分泌されてはいるが、インスリンが十分作用しないインスリン抵抗性、量が不十分なインスリン分泌不全が生じている。これらのインスリン不足を補うのがインスリン製剤である。

 インスリン製剤には主に追加分泌を補う超即効型・即効型、主に基礎分泌を補う中間型・持効型、および追加分泌と基礎分泌の両方を補う混合型がある。

インスリン リスプロ(ヒューマログ)は超即効型インスリン製剤である。

インスリン製剤中ではインスリンは6量体を形成している。即効型インスリン製剤ではインスリンは皮下に注射されると組織間液で希釈され、6量体から2量体へ解離し、さらに単量体へと解離する。インスリンは2量体、単量体になって初めて吸収されるため、即効型インスリンの効果発現には30分ほど要する。

一方、超即効型インスリンであるヒューマログは希釈されるとすぐに単量体になる性質を有するため、吸収が速やかに行われ、15分ほどで効果が発現される。

 つぎにランタス注のバイオ後続品であるインスリン グラルギン「リリー」について解説頂いた。

バイオ後続品とは国内で既に新有効成分含有医薬品として承認されたバイオテクノロジー応用医薬品と同等/同質の品質、安全性、有効性を有する医薬品として、異なる製造販売業者により開発された医薬品である。

分子構造が複雑であることから、品質特性の同一性を示すことが困難なため、同等性/同質性を示すことが必要とされている。

ジェネリック医薬品の開発要件が生物学的同等性試験であるのに対し、独自のセルライン・セルバンクの開発、品質特性(有効成分・不純物等)の同等性/同質性の比較、非臨床試験での比較および安全性の確認、臨床試験での同等性/同質性の比較および安全性の確認、製造販売後の調査がバイオ後続品における開発要件となる。

インスリン グラルギン「リリー」はランタスに対する同等性/同質性が確認され、キット製剤においては手の小さい患者にも使用しやすいミリオペンが採用となっており、価格面、使用しやすさという両点から患者さんにメリットのある製剤となっている。

 最後に、インスリン製剤の使用方法および服薬指導時の要確認事項について解説頂いた。

要確認事項は下記のとおりである。

・懸濁製剤の場合は必ず毎回インスリンを均一になるまで混合すること。

長年の使用で、懸濁がおろそかになっている患者も存在するとのこと。混合が不十分であるとインスリン濃度にばらつきが生じ、それよって効果のばらつきが生じてしまうため、混合の必要性を理解して頂く必要がある。

・注射前には必ず空打ちをすること。

空打ちは気泡が抜けているか、注射針がきちんと取り付けられているか、器具に異常がないか確認するために大切な操作である。

めんどうくさいなどの理由のみではなく、インスリンを捨てるのがもったいないなどの理由で意図的に空打ちをしない患者も存在するとのことで、必ず必要な作業であることを伝える必要がある。

・注射後単位設定ダイアルを離すのは注射針を抜いてからにすること。

単位設定ダイアルが止まるまで押した後、5秒以上待ち、単位設定を押したまま注射針を皮膚から抜く。5秒以上待つのは全量のインスリンが注入されるのを待つため、皮膚より抜いてからダイアルを離すのは逆血を防ぐために重要である。

 以上、インスリン療法の基本から、見本をもちいた注入手技の確認までご講演頂き、非常に有意義な勉強会となりました。

また、講演会に引き続いてのフリーディスカションでは、OTC担当役員より、応需している処方箋から見えてくる需要をとらえ、考えていくことの重要性についてレクチャーがありました。

情報更新日:2015年12月14日
電話:06-4308-6566
メールでのお問い合わせ